こちらの「御朱印なび」で記事を書いております、彩華(あやか)です。
本日は「二十四節気」について、詳しく解説していきます。

 

二十四節気とは?

まずは「二十四節気」について解説します。
二十四節気と書いて、「にじゅうしせっき」と読みます。

現在、わたしたちが用いている暦は「新暦」と呼ばれているものです。
ですが、明治6年(1873年)に改暦される以前は、いま用いている新暦ではなく「旧暦」を使っていました。

 

いったいどう違うのかを比較しますと

  • 新暦:太陽暦、西暦、グレゴリオ暦
  • 旧暦:太陰太陽暦(天保暦を基本として天文計算をしたもの)

 

難しい単語が出てきましたね。

イメージをしやすいように解説をしますと、日本の伝統や文化は、ほとんど「旧暦」つまり太陰太陽暦に基づいているのですが、たとえば節句などがそのひとつです。

 

それでは、ここで太陰太陽暦をもうちょっと深くイメージしていただきます。

地球上からみた太陽が一周して戻ってくるこの期間が「1年」です。
そして、その1年を四等分にしたものが「四季」。さらにその四季ごとに六等分したものが「節気」です。

 

新暦では、1年は365日(うるう年を除く)。
365日を四季ごとに六等分するということは、365÷(4×6)=15.208
つまり、1節気はだいたい15日ということになります。

 

新暦では、(2月は除いて)30日や31日ごとに、月が変わりますよね。
旧暦では、約15日ごとに節気が変わるのです。

 

つまり、現代では12の月で節目を管理していますが、以前は24の節気で管理していたということです。

 

なんとなーく、二十四節気とは何かをイメージしていただけましたでしょうか。

 

二十四節気のそれぞれの名称と意味は?

新暦で一般的に使われている月の名称は、1月2月…というものですが、二十四節気では24の節気ごとに名前がついていました。

それではここからは、四季ごとの節気の名称と意味を個別に紹介していきたいと思います。

 

【春】の6つの節気

立春(りっしゅん)

2月4日頃。

旧暦の暦の上では、この日からが春とされる、すなわち1年が始まる日とされます。
この日は旧暦上での正月節にあたりますので、「春の気が立つ」という意味あいをもたせ、「立春」と名づけられました。

 

雨水(うすい)

2月19日頃。

降っていた雪が雨にかわり、積もっていた雪や氷も解けて水になるという意味で「雨水」となりました。

 

啓蟄(けいちつ)

3月6日頃。

啓という漢字の意味は「閉じたものをあける」ということで、蟄という漢字は「虫が土中で冬ごもりする」という意味。
つまり、土の中で長く冬ごもりをしていた虫たちが、地上に這い出してくる日として「啓蟄」と名づけられました。

 

春分(しゅんぶん)

3月21日頃。

昼と夜の長さがほぼ等しくなり、この節目を境に次第に昼が長くなっていきます。
春分はまた「春のお彼岸」でもあり、墓参りや法要などをします。

 

清明(せいめい)

4月5日頃。

江戸時代に書かれた『暦便覧』という本に『万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也』との記載があり、そのため「清明」は「清浄明潔」を略したものといわれています。
桜や草木に花が咲き始めて、清らかで明るい気が溢れる。そこからも「清明」の言葉の持つイメージがわいてきますね。

 

穀雨(こくう)

4月21日頃。

春の季節の最後にあたる節気となります。
春雨の降る日が増えてきて、田畑に穀物を植えるときが来た。そんな合図ともなる節気です。
穀雨は「穀物の種まき、そして植物の成長を見届ける好期」なのです。

 

【夏】の6つの節気

立夏(りっか)

5月6日頃。

木々には新緑が目立つようになり、風もさわやか。
そんな夏の気配が漂い始めて、「夏の気が立つ」という意味あいから、「立夏」と名づけられました。

 

小満(しょうまん)

5月21日頃。

「万物が次第に長じて満つる」という意味をもつ小満は、草木も茂って植物は実を結びはじめます。
田植えの準備をする頃という意味をもつ節気でもあります。

 

芒種(ぼうしゅ)

6月6日頃。

「芒(のぎ)」とは、稲・麦などの実の殻にある針状の毛を意味します。
つまり稲を田に植えつける時期を意味している節気です。
このことから、芒種は農家が多忙を極める季節でもあります。

 

夏至(げし)

6月21日頃。

北半球では「昼がもっとも長く、夜がもっとも短い日」が夏至です。
夏にいたる、つまり夏の真ん中を意味し、梅雨の真っ只中の季節でもあります。

 

小暑(しょうしょ)

7月7日頃。

次の「大暑」を迎える前という意味あいがあります。
このころには梅雨があけ、本格的な夏の太陽の陽射しが照りつける日が増え、暑さも次第に厳しくなってきます。

 

大暑(たいしょ)

7月23日頃。

夏の季節の最後にあたる節気となります。
漢字のイメージどおり、一年中で暑さがもっとも厳しくなる季節という意味があり、時々大雨が降る蒸し暑い夏の到来の合図です。
「夏の土用」は、ほぼこの節気に入ってきます。

 

【秋】の6つの節気

立秋(りっしゅう)

8月8日頃。

まだ残暑も厳しい季節ではありますが、暦の上では秋に突入。
風のそよぎや雲の色や形などに秋の気配を感じる日が増え、「秋の気が立つ」という意味あいから、「立秋」と名づけられました。

 

処暑(しょしょ)

8月23日頃。

処には「おさめる」の意味があるため、処暑は「暑さが少しずつ収まってくる季節」という意味になります。
穀物が徐々に実りはじめるため、収穫の準備がはじまる季節でもあります。

 

白露(はくろ)

9月8日頃。

山野に白露が宿ることから「白露」と名づけられた、秋の気配が感じられる季節です。

 

秋分(しゅうぶん)

9月23日頃。

春分と同じく、昼と夜の長さがほぼ同じになり、この節目を境として次第に夜が長くなっていきます。
秋分はまた、法要やお墓参りに行って亡き人への思いをはせる「秋のお彼岸」でもあります。

 

寒露(かんろ)

10月8日頃。

「朝夕には少しずつ寒さを感じはじめ、山野にも露が宿る」という意味がこめられた節気です。
収穫が多忙となる季節です。

 

霜降(そうこう)

10月23日頃。

秋が深まり、いよいよ秋の季節の最後にあたる節気となります。
所によっては霜が見られるようになり、いよいよ冬の気配を感じる季節の到来です。
そして、紅葉が鮮やかに色づきはじめる季節でもあります。

 

【冬】の6つの節気

立冬(りっとう)

11月7日頃。

陽射しも弱くなり、朝晩も冷え込みが強くなってくる季節。
そこに冬の気配を感じ、「冬の気が立つ」という意味で「立冬」と名づけられました。

 

小雪(しょうせつ)

11月23日頃。

山の頂では雪が観測される季節でもある「小雪」。
とはいえど、日常的な生活をするうえでは、雪が降るにはまだまだ早いと感じる季節でもあります。
ですが「確実に冬は近づいている」ということを感じずにはおれない節気です。

 

大雪(たいせつ)

12月7日頃。

山が雪に覆われ、本格的な冬の季節の到来を予感させます。
漢字が意味するとおり、いよいよ本格的に厳しい寒さが増してくる節気です。

 

冬至(とうじ)

12月22日頃。

北半球では、1年のなかでもっとも太陽が低く、夜がいちばん長くなる日です。
冬至は、ゆず湯に入る習慣があります。

 

小寒(しょうかん)

1月6日頃。

次にくる大寒の節気を前にして、本格的な寒さに悩まされる冬の季節がいよいよ到来するという意味があります。

 

大寒(だいかん)

1月21日頃。

大寒の名前のとおり、冬の寒さがいよいよ絶頂期を迎えるという意味をもった節気です。
ですが、絶頂を越えると次の春の季節の足跡も、聞こえてくるというもの。
つまり冬の季節の最後にあたる節気がこちらの大寒なのです。

 

まとめ

本日は「二十四節気の意味と、それぞれの節気の意味」について解説しました。

日本には「四季」がありますが、節気で四季をイメージしながら、自然と調和して生活をしてきたイメージが、この二十四節気からひしひしと感じ取ることができますね。

 

本日の記事が、お役にたてましたら幸いです。

 

参考記事

2017年の節気について、解説した記事がこちら。
カレンダーに載ってる【穀雨】とはなに?(2017年4月20日投稿)

 

2017年の節気も載ってる「開運日カレンダー」はこちらです。
→ 2017年(平成29年)の開運日カレンダー

 

あわせてお読みください