御朱印なびのブログ運営者、彩華(あやか)です。

先日、魔除けの効果があると言われる「モリオン(黒水晶)」のパワーストーンブレスレットを買ったのですが、想定外の出来事を体験しました。
本日は、それを記事にしようと思います。

 

モリオンのブレスレットで手がしびれた

彩華は、先日「モリオン(黒水晶)」のブレスレットを購入しました。

※ https://www.amazon.co.jp

ちなみに画像はサンプルで、私が購入したものとは違います。

 

まず、モリオンという天然石について。

モリオンは黒水晶といいます。もともと白い透明感のあった水晶が、地中に長く存在することで、水晶が本来持つアルミニウムと自然界に存在する放射線が科学反応を起こすときに、茶色くなりスモーキークォーツに変化します。
さらにそのまま採掘されないままでいると、経年変化により黒水晶になるのです。
※http://spicomi.net/media/articles/3

モリオンは数ある石の中でもおそらく最も強力な邪気払い、魔よけの石の一つ。
あらゆるタイプのマイナスエネルギーから持ち主を強力に守ってくれる石。
※http://www.ishi-imi.com/2009/05/post_439.html

黒色の水晶の中でも、強い光を照射しても透けないもの。
魔よけ・邪気祓いの効果がある石の中でも最強の効果を発揮するといわれるのがこのモリオン。
邪気・悪念・不安・恐怖など、あらゆるマイナスエネルギーから持ち主を強力に守ってくれると言われています。
不幸を寄せ付けない効果のある石なので「最近、悪いことが続く」という人にオススメ。
その他にも「強いグラウンディング効果」があるとされ、不安や焦り、緊張感などを感じる時に落ち着きを与えてくれます。
※http://ameri-stone.com/?mode=grp&gid=137507

 

購入した理由ですが、自身が持ってないタイプの性質の石だったから。

ヒマラヤ水晶やスーパーセブンなどのパワーストーンブレスはお気に入りで持っているのですが、「魔除け」という、いわば基礎を磐石に守るような石はあまり持ってなくて。

 

 

成功を勝ち取るにしても、基礎をがっちりと守ることは必要ですよね!

なので、モリオンを選択して買いました。

 

こういう時って、だいたい心と体が欲してるんですよね。

直感とか無意識の領域で。

 

さて通販で購入したブレスを待つこと数日。

待ちに待ったモリオンのブレスレットが到着して、いざ右手につけてみると…

 

えっ、冷たい!!

キーンとしびれる?!

 

ブレスレットを身につけて顕著にこう感じたのは初めてでしたので、ちょっとあわてました。

 

 

天然石と私の相性が悪い?

まさか石と私の相性が悪いの?

相性が悪くて、身体が拒否反応おこしてる?

 

そんなことを考えたので、しびれることと石との相性に関係があるのかどうか調べてみました。

そしてインターネットの様々な情報を読み、自分で受け入れられる回答に近づけました。

 

相性よりも、自身がイヤな感覚でなければ問題ないんじゃないかな?

というのが、私のいきついた結論です。

 

情報を見れば確かに「石と石」や「石と身につける人」の相性はあるようです。

ただ、着用した人がその感覚に対して「違和感」や「嫌悪感」のようなマイナス要素がなければ、石のチカラが強すぎると考えてみるのもひとつの方法。

 

それだけ強力なパワーストーンに出会えたのって、むしろラッキーじゃない?!

と、私は逆に嬉しくなってしまいました。

 

 

右手と左手で感覚が違う?

チカラのあるブレスレットを手に入れた。

でも着用した右手が冷たくて、キーンした感覚がある。

嫌悪感は全く無くて、むしろ身につけていたいくらいなのに。

 

しかもそのままつけてると

めっちゃ石のほうが存在を主張してくることを発見。

 

右手にモリオンついてますよー!

 

って感じで、すごーく存在をアピールしてくるのです。

モリオンのほうから、猛烈に。

 

あ、それなら右腕じゃなくて…

 

左腕につけかえてみたらどうなるだろう?

 

そう思い立ち、左手につけてみると

あれっ、不思議。

右腕のような痺れや存在感が、左腕だと消えた!

 

明らかに右腕と左腕で、得る感覚が違う。

不思議だなぁー…

 

ブレスレットは右手と左手、どちらの腕につける?

ブレスレットは右手と左手のどちらにつけるのがいいの?

その議論は、ヤフー知恵袋などでも展開されていますし、彩華のようにブログ投稿をされている方々も解説されています。

そこで得られた見解を、いくつか簡単にシェアします。

 

きき手と反対の手につける

書いたりするきき手にブレスをつけると邪魔になるので、その反対側につけるという合理的な意見です。
彩華は右手がきき手なので、時計やごついブレスレットは確かに左につけています。

ですが、小ぶりなデザインのストーンブレスは右につけます。
なぜなら、直径15mmの大きめ水晶ブレスレットを、左手に毎日つけているので。

モリオンのブレスを、まず右手につけたのは、これが理由。

 

脳と手の関連性で決める

右手は左脳につながっているので、左脳の特徴である「顕在意識(現実的・物質的)」に関連するブレスレットをつける。たとえば金運・仕事運など。
左手は右脳につながっているので、右脳の特徴である「潜在意識(精神的・霊的)」に関連するブレスレットをつける。たとえば恋愛運・開運・厄除けなど。

この理由でいくなら、モリオンのブレスレットは左手につけるのがオススメと考えられますね。

 

仏像が示している意味で決める

多くの仏像は、左のてのひらを上に向けており、右のてのひらを正面へ向けている場合が多いのはなぜか?
その理由は、ひとつに左手は宇宙からのチカラを受け取り、右手でその受け取ったエネルギーを放出するためだと言われています。

つまりパワーを受けるのは左で、放つのは右。
そう考えると、左手に魔除けの効果があるとされるモリオンを身につけ、入り口でフィルターをかけてもらうのがいいようですね♪

ですが、全く逆の説があるのをご存知でしょうか。
それは「正面に向けた右の手のひらで、正面からやってくる気を受け止めている」というもの。
そうなると全く逆で、つけるべき腕は右手ということになっちゃうんです。

 

ブレスレットをつける腕についての結論

彩華がいきついた、ひとつの結論です。

どれが正しくてどれが間違いなんてわからないから、直感で好きな腕につけましょう

 

彩華は、モリオンのブレスレットに関して言えば、左手のほうがしっくりくるので左手につけようと思います。

たまに右腕につけて、感覚に変化がないかどうかテストしてみます。

 

ということで「パワーストーンのブレスレットは右手と左手、どちらにつける?」という疑問について考えたことをシェアしました。
何かしら、お役に立てましたら嬉しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
彩華(あやか)

 

あわせてお読みください