こちらの「御朱印なび」で記事を書いております、彩華(あやか)です。
もうこちらの2つの記事は、お読みいただけましたか?
↓↓↓↓↓↓↓
幸せと豊かさへの扉を開く『龍神カード』が発売になって本日到着♪(2017年4月15日投稿)
『龍神カード』新月に使い始めた彩華がひいた、最初のカードは?(2017年4月28日投稿)

本日は、この『龍神カード』を実際に使ってみてのレビュー、第2弾です。
『龍神カード』を買おうかどうかもし迷っているなら、ひとつの判断基準にしてみてください。

 

27日にひいた初めての龍神は『岩龍』でした

彩華が初めてひいたカードは『岩龍』でした。
おそらくこの『岩龍』は、これからずっと忘れないカード。

表現は難しいですが、守護神のような存在
そんな位置づけの龍神様になるんじゃないかなって思ってます。

 

うまく表現できないんですが、そのカードのイラストを見た瞬間「ようこそお越しくださいました」っていうか「これからよろしくお願いします」というか。
「えー、このカード?(なんだかなぁ)」っていう相性の悪さに似た感触が、まったくなかったので。

色彩の地味なカード、とは思いました。
でも受け入れる感覚のほうが、強かったです。

 

その岩龍カードのメッセージ(オラクルカードなので「ご神託」というべき?)は「継続すると決める」でした。
詳しくはこの記事をどうぞ
↓↓↓↓↓↓↓

『龍神カード』新月に使い始めた彩華がひいた、最初のカードは?

 

そして27日の夜に、カードをひいてみたのです。

「明日、4月28日のアドバイスをお願いします」と思いながら。

 

28日のアドバイスをいただいた龍神は『金龍』でした

「明日、4月28日のアドバイスをお願いします」と心の中で語りかけながら引き当てたカードは。。。

 


※個人の私物を画像にしたものですが、著作物のため複製はご遠慮ください

 

1番 金龍(Kinryu/きんりゅう)

メッセージは「いよいよ形になるとき」でした。

 

昨日は「継続すると決める」とアドバイスをいただき
本日は「いよいよ形になるとき(がやってくる)」と。

 

もうね、ひとりテンションあがりまくりですよ。
だって、超ワクワクする組み合わせじゃないですか!

ああ、もう個人的に『龍神カード』は手放せません。

 

どうやって『金龍』をひいたのか

しっかりとカードをシャッフルして、『龍神カード』付属のリーフレット(冊子)に記載のとおり、裏にしたまま扇形に広げました。

そして、いずれかのカードを1枚、その中からひくのですが…

 

なんとなく、中央あたりのカードにピンとこなくて。
扇形にする前に一番上にあったカードが、いちばん気になって。

結局扇形にした状態で、一番右側にあった、まさに1枚目のカードをひいたら…

『金龍』が降臨ですよ。

 

カードを楽しむことが大切だと思うのです

カードをひいた瞬間にテンションあがった、と書きました。

まあこれもね、冷静に見たら「ドン引き」なところってあると思うんですよ?
彩華はふたご座なので、常に2面以上の視点で物事を見てしまうので、ふとこんなふうに冷静になったりするのです。

でも、カードって39枚あるわけで。
そのなかの1枚って、何かしら意味があってもおかしくないって思いませんか?

 

たった1枚を選ぶときに、

もしかすると
「潜在意識」とか「無意識」のレベルではすでに

引き当てるカードが何かってわかってるんじゃないか?

そんなふうに思ったりもするのです。

 

不思議だなーなんて思いながらカードをめくるときって、ワクワクするんですよね。
どのカードとご対面できるんだろう?ってね。

こういう感覚を楽しめるんなら、カードを使った非科学的な体験も、大いにアリじゃないですかね?

 

彩華が経験した「超不思議な体験」とは

彩華が中学生くらいの頃だったかな?
いま思い出しても、凄く不思議な体験をしたことがあります。

友人の家で、神経衰弱(トランプゲーム)をして遊んでいたときのこと。

神経衰弱 ルール

プレイヤーは好きな2枚をその場で表に向ける。2枚が同じ数字であればそれらを得ることができ、もう一度プレイできる。2枚が異なる数の場合、カードを元通りに伏せて次のプレイヤーの順番となる。すべてのカードが取られるまで行い、取ったカードの枚数が多いプレイヤーの勝ちとなる。

※https://ja.wikipedia.org/

 

自分に、場のカードをひっくり返す番が回ってきたときのことです。

1枚目のカードをひいて、2枚めのカードをどれにしようかって考えていたときのこと。
その1枚目のカードは、まだ場でみたことのない数字でした。
記憶力は必要なく、偶然当たればラッキーという数字。

なんですが。
その場を少し高い場所から俯瞰してみていると…

なぜか、ぼんやりと光っているように感じるカードがあるんですよね。
感覚的なものなので、なんとも表現しづらいのですが。

そしてそれをひっくり返すと、数字が一致していたのです

1回やってもびっくりなのですが、それを5連続くらいやらかしまして

相手も「また?」「また一緒?」ってびっくりしていましたが、いちばんびっくりしたのは私自身ですよ!

 

なんだこれ?!

 

って。

その後は明確な記憶がないので、やらかしたのかそうでないのかよく覚えてないのですが、連続ではなく断続的にやらかした記憶はのこっています。

 

こういう体験をしたので、私は思うのです。
もしかすると「潜在意識」とか「無意識」のレベルでは、すでに引き当てるカードが何かを知っているのではないかと。

 

まとめ

そんなこんなで、『龍神カード』のレビュー2回目となりましたが、何かしら楽しんでいただけましたでしょうか。

オラクルカードってたくさん発売されているので、見比べて相性の良いカードを手にしていただきたいと思います。
個人的には『龍神カード』は、かなりオススメですよ♪

 


※amazon.co.jp

 

こちらから『龍神カード』の詳細をご確認ください。
↓↓↓↓↓↓↓

幸せと豊かさへの扉を開く 龍神カード [ 大杉 日香理 ]

 

2017年4月30日までは、2つのキャンペーン特典を受けられますよ。

  • 購入者限定キャンペーン
  • 紹介特典キャンペーン(Facebookやtwitterなど)

 

ということで、本日は「『龍神カード』レビュー第2回。彩華が2枚目に引き当てたカードと、不思議な体験」について書いてみました。
最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

ブログ「御朱印なび」管理人の彩華でした。

あわせてお読みください