こちらの「御朱印なび」で記事を書いております、彩華(あやか)です。

 

いざ寺院・神社に参拝して、はじめて御朱印をいただく時って何かと不安ですよね?
もちろんそのお気持ちはわかります、だって私がそうでした!

そこで実際に御朱印をいただく時の流れを記事にまとめました。御朱印をいただいた経験がない皆様は、こちらの記事をぜひお役立てください。

御朱印代っていくらなのか

御朱印っていくらでいただけるのでしょうか?という疑問にまずはお答えします。

スポンサーリンク

御朱印代金は「300円」が一般的です。

寺社によっては「500円」の場合もあると聞きますが、私はまだその経験はありません。

また「お気持ちをお納めください」とおっしゃる場合もございます。
そのようにおっしゃられたら一般的な相場である「300円」と思っていただければいいかと。

 

  • 300円 ・・・一般的な相場
  • 500円 ・・・寺社で明記されている場合
  • お気持ちで ・・・この場合300円が一般的

 

これは参考までに。私の体験談ですが、出雲大社では「お気持ちで・・・」と金額について明言されませんでした。

 

 

100円玉を用意する気配りを

もしあなたがツアーで参拝される場合や、日曜祝日に参拝される場合は、御朱印をいただく他の参拝客も多いと考えられます。
特にツアーでは、限られた時間の間にいただく必要がありますので、あわただしくなります。

御朱印はコピーをするわけではありません。
どれだけ多くの人が訪れたとしても、1枚1枚を丁寧に毛筆で書き朱印を押されますため、かなりの時間がかかります。

 

そこで、ささやかな心配りではありますが、つり銭が不要なように100円玉100円硬貨)を用意しておきたいところです。
あわただしい折に、たとえば1万円札を出されますと、それなりに時間もかかりますので。

おみくじも100円の倍数であることが多いように感じます。
ですから「参拝の前は100円玉を用意する」と覚えておけば間違いありません。

 

スポンサーリンク

 

記名押印ページを開いて渡す

御朱印帳を開き、御朱印をいただくページを開いて渡しましょう。

あなたにはどこに書いてほしいかわかっているかもしれませんが、寺社のかたにはそれが明確にわかりません。
一般的には続きのページでしょうが、人が違えばそれも必ずではありません。

そのため、閉じたまま出すと「開いてお出しください」と注意される場合もあります。

一度経験すると慣れますし、他の参拝者の出し方を見ているとわかりますので、緊張しないでください☆

 

 

番号札をいただく場合もある

通常は御朱印所や授与所で順番に並んで、ひとりずつ御朱印帳に記名押印いただきます。

ですが、寺社によっては番号札」をいただく場合があります。

その場合は先に御守や御札などを見たりしつつ、御朱印の完成を待ちましょう。
並んで待つよりも時間を有効に使えますので、特にツアーなどで参拝をされている方々にとっては非常にうれしい対応じゃないかなって思います♪

 

たとえば、こんな感じで渡されます。

 

この写真は、自身が「八重垣神社」を参拝した際に預かった番号札です。
ある程度時間がたってから御朱印所に行くと、その番号札と引き換えに御朱印帳を渡していただけます。

 

なお、この場合のお代金を支払うタイミングですが、八重垣神社の場合は「お願いをする時」でも「受け取る時」でも、どちらでも可能です。

私は先にお支払をしましたが、その場合はお代金済としてきちんと対応をいただけます。

 

あくまでも一例ですので、各寺社によって決められたそれぞれのルールに沿ってくださいね♪

 

スポンサーリンク

御朱印・神社仏閣・スピリチュアル・開運情報を発信しているブログ「御朱印なび」、管理人の彩華でした。

あわせてお読みください