こちらの「御朱印なび」で記事を書いております、彩華(あやか)です。
本日は、2017年8月22日に到来する獅子座(しし座)の皆既日食(新月)について、願いごとの書き方など詳しく書いてみようと思います。

 

日食の過ごし方や願いごとは新月と同じなのか

おそらく、多くのかたが疑問に思われる点は、ここじゃないかと思うのですが。

日食の過ごし方や日食の願いごとの書き方は、新月のものと同じなのか?

 

簡単に言います。

チカラこそ違うのですが、一緒です。

 

いろんな情報を見た結果として報告しますが、一緒のようです。
皆既日食とは書いてあるものの、あくまで新月ですから。

専門的ですがわかりやすいブログを、ここでご紹介しておきましょう。

太陽と地球の間に月がやってきて、月の影の中に地球が入ると日食が起こります。
ですから日食が起こるためには、太陽と月と地球が、この順番で一直線に並ぶ必要があります。
このとき、月を背後から見る格好になりますから、日食は新月の時にしか起こりません

※http://eclipse-navi.com/nissyoku/shikumi.html

 

ということなのです。
おわかりいただけましたでしょうか。

基本的な考え方は一緒。

 

ですが、1年に1回あるかないかという「日食」の希少性の高さ。
それゆえに、パワーあふれるタイミングであるということは、想像ができますよね。

スポンサーリンク

 

皆既日食(新月)の過ごし方について(復習)

今回は日食ということで、意識して記事を書こうと思いますが、その前に。
まずはごく基本的な「新月を迎える日のすごし方などの情報」を。

当方にて新月の過ごし方についてまとめた記事がありますので、まずはこの記事をご覧いただければと思います。

新月の願いごとの書き方や、新月になる日の過ごし方などのまとめ(2017年6月18日投稿)

 

 

新月の願い事の書き方についてのおさらい

今回の獅子座の皆既日食(新月)の願いごとの書き方について読んで頂く前に、まずは基本的なことを書いた記事を2つ、紹介させてください。

 

新月の願いごとの書き方についても、まとめております。

新月の願いごとの書き方や、新月になる日の過ごし方などのまとめ(2017年6月18日投稿)

 

そして、新月の願いごとに興味があるあなたに向けて、新たに追加した記事もご紹介させていただきます。

→ 新月の願いごと・満月の願いごとを書けるようになる最短コースを暴露(2017年7月10日投稿)

 

 

8月22日の皆既日食(新月)に絡むタイムスケジュール(図解)

 

今回の獅子座の皆既日食(8月22日)の前後の時間について、上記リンクでも触れておりますが「コンバスト」という特殊な時間帯も含めて、時系列のスケジュールをまとめました。

 

●8月21日

  • 15:30 コンバスト の時間の始まり

 

●8月22日

  • 03:30 獅子座の皆既日食(新月)
  • 03:31-05:26 ボイドタイム
  • 11:30 獅子座の皆既日食(新月)から8時間経過(ここまでに願いごとを書くのが理想的)
  • 13:30 獅子座の皆既日食(新月)から10時間経過(ここまでに願いごとを書くのが理想的 ※Keikoさんの著書による情報)
  • 15:30 コンバスト の時間の終了

 

●8月23日

  • 03:30 獅子座の皆既日食(新月)から24時間経過(新月から10時間経過までに願いごとを書き終えられなかったら、効果は薄れるけど、まだ書く価値はあるとされる時間 ※Keikoさんの著書による情報)

 

●8月24日

  • 03:30 獅子座の皆既日食(新月)から48時間経過

 

 

そして上の情報をもとに、イメージしやすいように図にしてみました。

 

<図解>8月21日から24日までの時間の流れ

上の図の、黄色の時間帯のなかで、可能であれば「新月の願い事」を書いてくださいね。

スポンサーリンク

 

22日「皆既日食(新月)の願いごと」のポイント

8月22日、獅子座の皆既日食(新月)の願い事を書く際にポイントとなる主なポイントは、以下の4つです

  1. 獅子座の日食(3:30)を迎えてから8時間以内(11:30まで)に「新月の願いごと」を書く。ただしKeikoさんの著書『新月・満月のパワーウィッシュ』によると極力10時間以内(13:30まで)に書き終えるとの記載もあるので参考までに。
  2. 新月を迎えてからできるだけ早めに書くほうが、達成のためのパワーが強い。
  3. 願望を8時間以内に書き終えても、15:30まではコンバストなので、具体的なアクションには移行しないように気をつける。
  4. ボイドタイムに、願望を書き出すのは避ける。
  5. 禁じ手は「フライング」、新月になる前に書き始めないよう注意!

 

重要事項として、ボイドタイムに触れておきます。

今回は、3:30に日食(新月)を迎えるやいなや、すぐにボイドタイムに突入します。
ボイドタイムは、3:31から5:26まで。
つまり実質的に願いごとを書き始めるのは、5:26以降が良いと考えるのが妥当です。

皆既日食という特別な新月のパワーを活用した時間の流れを、うまく把握しながら書いてみてくださいね。

 

またKeikoさんの著書『新月・満月のパワーウィッシュ』、まだ読まれてないなら、ぜひこちらのレビュー記事も参考にしてください。

→ 新月の願いごと・満月の願いごとを書けるようになる最短コースを暴露(2017年7月10日投稿)

→ パワーウィッシュノート2018 新月と満月の願いを叶えるノートが発売!(2017年8月19日投稿)

 

 

獅子座の皆既日食で、特に意識したいこと

過去記事でも書いていますが、星(星座)には、得意分野のようなものがそれぞれあるのです。

→ 12の星座が持つ意味・キーワード・ストーリー 牡牛座から魚座まで(2017年5月25日投稿)

 

今回の皆既日食つまり新月は、獅子座でおこりますので、獅子座の内容をそのまま引用します。
一部の抜粋なので、ぜひリンク先の【全文】に目を通してみてくださいね。

獅子座(しし座)

物事を達成することに情熱を注ぐという意味合いのある星座です。
自分の思いを伝える、自己を表現するために自分を強く持ち、やがて何かを達成する、つまり「志す」というレベルに達します。

獅子というイメージがぴったりかと思いますが、とてもパワフルな様子や、誇りの高さや高貴さといったキーワードも兼ね備えています。
自信に満ち溢れて堂々としている様子や、そこから連想されるカリスマ性、表現力というキーワードも。演劇に例えるなら、圧倒的な「主役」を演じるタイプです。

http://goshuinchou.net/1016.html

 

実はここからの内容、7月23日の「獅子座の新月」の内容と重複します。
一度読まれていらっしゃるかもしれませんが、復習も兼ねていちどお読みください。

フォーカスされやすいキーワードは、「志す」「自信」「主役」といった強さ・パワフルなものというイメージです。

ですから、願い事を書く際には、たとえばですが・・・

 

  • 恋愛ならば自分がヒーローヒロインになったような高揚した気分で
  • 楽しんで何かをする、そして志す自分をイメージ
  • 堂々とした自己表現

 

こういった、いつもよりも、よりチカラ強い願い事を、思い切って堂々と書いてみてください。

 

さらに、特別パワフルな皆既日食ということで、Keikoさんのブログに記載のアドバイスも引用します。

この日食の最大のテーマは 「イメチェン」
なので「こんなふうにイメージチェンジしたい」という内容を。

もうひとつのテーマは「自信」。
あなたがいちばん自信のあるものをさらに高めるようなパワーウィッシュを書いてみてほしいの。
「もしこうであれば自信がもてるのに」というものでもOK。

パワーウィッシュにおいて可能性の有無や大小は一切関係ナシ。

「99%ムリだから、書くのやめよ」とか「もっと可能性ありそうなこと書かなきゃ」とか
そんなことは考えなくてOK。

※https://ameblo.jp/hikiyose358/entry-12293883801.html

 

Keikoさんの後押しが素晴らしいですね。

願いごとを書く際に、つい可能性の有無や大小を考えてしまいませんか?
でも、願いごとに可能性の有無や大小って関係ないんですよね。

願うからこそ、叶う可能性が増えるのですから。

 

皆既日食ですからパワーの出し惜しみなし

そのくらいのイメージで、ワガママにいっちゃっていいと思います。

 

 

 

おまけのお得な話

とっておきの獅子座の皆既日食(新月)に、とっておきのノート(シート)に願いごとを書いてみませんか。
今ならなんとそれが無料でダウンロードできます。

シートには書き方のガイドラインもついていますので、かなり有益な情報になっているはずです。

ぜひコチラの記事を、お読みください。
記事の下部、「まとめ」の上あたりに書いております。

→ 新月と満月の願いを叶えるノート(無料ダウンロードサービスの説明あり)

 

 

まとめ

本日は「獅子座の皆既日食(2017年8月22日) の過ごし方日食(新月)の願い事書き方や時間、その内容や注意点など」について、より詳しく書いてみました。

 

ブログ「御朱印なび」管理人の彩華でした。

スポンサーリンク

あわせてお読みください