御朱印・神社仏閣・スピリチュアル・開運情報を発信しているブログ「御朱印なび」、管理人をしております彩華(あやか)です。

御朱印(ごしゅいん)とは何かについてお話をします。

本来の御朱印の意味

朱印(しゅいん)とは、本来神社や寺院などで、参拝者に向けて押される印章またはその印影のことを意味しています。

御朱印という表現は、上記の朱印に「御」をつけて、丁寧な表現にしたものです。

 

スポンサーリンク

 

御朱印が一般に意味するもの

一般的に理解されている御朱印は、本来の朱印とは若干異なります。

寺社に参拝して御朱印をいただきますと、朱色の印章を押すだけではなく、墨書で寺社の名前や参拝した日を合わせて書かれていることが大半です。

そのため、朱色の印影と墨書を含めたものを、まとめて「御朱印」と表現することが、多くなっています。

 

御朱印の起源

御朱印の起源ですが、有力な説のひとつは「寺社に写経を納めた際の受付印だった」というものです。

それが年月を経て形を変え、希望する一般の参拝者を対象に提供される印章等になったと言われています。

その時期については明らかになっていませんが、江戸時代の後期あたりではないかとされるのが有力説のようです。

 

スポンサーリンク

 

御朱印の扱い方について

寺社の参拝記念=記念スタンプ

そのように軽く捉えていらっしゃる方もいるようです。
ですが、御朱印には「寺院・神社の名」が入っているため、授与されるお守りお札と同等に丁重にあつかうべきです。

しかも書いてくださる方は、参拝者おひとりおひとりのために一字一字、墨で心をこめて書いてくださっています。
書き終えたら、力をこめて朱印を押してくださっています。

 

すなわち、御朱印は尊いものとして丁重に扱い、粗末にすることのないようにしましょう。

そのため御朱印を神棚仏壇にそなえているという人も少なくありません。

 

御朱印帳のススメ

いままでお伝えしてきたような理由もあり、朱印を押印するための専用のノートとも言うべき「御朱印帳(ごしゅいんちょう)」を用意して参拝するのが、現在では参拝マナーのひとつになっているようです。

御朱印帳を持参しない場合、朱印を拒絶する寺社もあるようですので、くれぐれも気をつけてください。

 

寺社へ参拝の都度、御朱印をいただきたいと思っていらっしゃるなら、ずっと経年で記入押印していただくための御朱印帳を購入して都度ご持参されることを強くオススメします。

 

スポンサーリンク

 

御朱印・神社仏閣・スピリチュアル・開運情報を発信しているブログ「御朱印なび」、管理人の彩華でした。

あわせてお読みください