こちらの「御朱印なび」で記事を書いております、彩華(あやか)です。
もう、こちらの記事はお読みいただいてますでしょうか?

「お金」のイメチェン MACO著 彩華も予約完了 金運アップ&引き寄せの本

 

上の記事は2017年6月14日に投稿したものですが、その記事の中でとりあげているコチラの書籍は、昨日22日が発売日でした。

「お金」のイメチェン ネガティブでも遠慮なくお金を手に入れる 創造の法則 MACO 著

 

彩華は楽天ブックスさんで予約していたのですが・・・

 

発売日当日(22日)に届きました!

 

 

 

 

発売日に受け取れるなんて、そのサービスに感激です!!

発売後に発送されて、土曜か日曜くらいには受け取れるかなーくらいに思っていましたが、当日受け取れるなんて。

楽天ブックスさん、ありがとう!!

 

スポンサーリンク

 
気になるのは、その中身ですよね?
買うに値するかの評判やレビュー、ですよね。

 

MACOさんの書籍は、個人的には、あまり中身を気にせず安心して買えるものと思っていますので、正直予約して購入することにためらいはありませんでした。

先日も、カフェでこの本を読んでいたくらいですから。

ネガティブでも叶うすごい「お願い」
本当に現実が変わる「引き寄せ言葉」と意識の使い方

 

詳細は以下のページにございますが、これもMACOさんの著書です。
引き寄せ言葉のサンプルがたくさん載っていて参考になるので、彩華が好きな1冊です。

 

ちょうど金運についてのことを探求していた頃合いだったものですから、この著書を見つけた瞬間に

これは私が引き寄せたな

って思っちゃったくらいです。

 

スポンサーリンク

 

このMACOさんの表現で、いつも上手だなぁって思うのが

ネガティブでも

という、このフレーズ。

 

誰でも「願い事が叶わないかもしれない、どうしよう」ってネガティブになってしまうことは、正直なところ、あると思うのです。

ぶっちゃけますけど。

ですが、この「ネガティブ思考」は、願望を叶える過程においてはマイナスである、とされている著書が多い(というか圧倒的多数)と思うのです。

 

でもMACOさんの著書は、表紙を見ていただいたらおわかりのとおり

 

ネガティブでも叶う

 

ネガティブでもお金を手に入れる

 

ネガティブでも大丈夫だよ!
という面を強烈に押し出しているところが、独自路線ですよね。

 

では「なぜネガティブでも大丈夫なのか」というところが知りたいところだと思うのですが・・・

それは著書を読んでください(笑)

 

軽くヒントだけ言っておきます。

ネガティブだろうがポジティブだろうが。

「決める」という心のありかたが結果を左右する、ということです。

 

著書【「お金」のイメチェン ネガティブでも遠慮なくお金を手に入れる 創造の法則】の内容についての感想(レビュー)ですが、非常にバランスよく「お金」と「仕事」のことについて書かれています。

もちろん「引き寄せの法則系の書籍は、たいがい書いてあることは一緒だ」という意見も、あるにはあります。

ですが、どういった書籍が好きかという個人的な嗜好の差ってありますよね?

  • 文体(論文調、語り口調、フランク、オネエ調、など)
  • タイトルと本文との合致(それがこじつけになっていないかどうか、こじつけでも面白いと思えるかどうか)
  • まとめ方(読み終えたあとに、頭の中に情報がきれいに入ってきているかどうか)
  • 現物の本の雰囲気(中身もカラフル、文字が大きめで読みやすい、女性向け、男性向け、etc)

 

たとえ中身がどれだけよくても、本にも相性があると思うんです。
相性の良い本は引き込まれるように読めますし、そうでないと反発のような感情がわいてきます。

 

それに一度読んで忘れてしまったことを、お金を出して、新しい視点で復習してもいいと思うんですよね。

 

書いてあることは一緒なんだから買う必要はない、と思われるのなら、おっしゃるとおりで、それを何回も読めばいいと思います。
ですが、何回も何回も読み込む書籍(読ませる本)って、そうそう出会えません。

 

ちなみに、彩華が何回も読んだことがある書籍のうちのひとつは

7つの習慣です。

 

ちなみに「特装版」は、通常サイズよりもひとまわり小さめなので、出張の際に持っていくことも多いです。
オリジナルサイズの書籍も持っているのですが、コンパクトサイズに魅力を感じて、この特装版も買ってしまいました(笑)

 

スポンサーリンク

 

で、私はおそらくMACOさんの書籍との相性がいいのだと思います。

 

内容に、押し付けるような強引さもありません。

ネガティブな人が陥りやすい罠についても、著者ご自身の経験からの対策が書いてあります。

書いてあることは、善行(よいおこない)がベースになっていますので、きれいごとだと捉える人もいるかもしれません。
ですが、そのきれいごとさえも、気付けば意外と実行できてないことに気付かされます。

 

もうひとつポイントをあげるとすれば。

本当に望むものは何かを考えされられます。

 

こういったアプローチも、大切ですよね。

 

最後にひとつアドバイスをするとしたら。

ネガティブでも叶うすごい「お願い」 を読んでからこの本を読むと、引き寄せについて大切なポイント「○○○○○」がより深く理解できて、今回の著書の内容の深みが増しますよ!

 

 

ということで、本日は「「お金」のイメチェン ネガティブでも遠慮なくお金を手に入れる 創造の法則」のレビューをさせていただきました。

 

「お金」のイメチェン ネガティブでも遠慮なくお金を手に入れる 創造の法則 [ MACO ]

 

ブログ「御朱印なび」管理人の彩華でした。

あわせてお読みください