こちらの「御朱印なび」で記事を書いております、彩華(あやか)です。

御朱印についてのブログとしてスタートさせておりますが、スピリチュアル全般の話題を、東洋西洋関係なく幅広く書いておりますので、他の記事にも興味をもっていただければ幸いです。

さて本日は、すでに別の記事として書いておりますが
ゆほびかGOLD(ゆほびかゴールド)vol34 の中でも非常に気になっていた特集のひとつ。

 

ツキとお金がなだれ込む日本一のコツと心構え!
斎藤一人 願いをかなえる神社参拝術

 

書籍の真ん中に、でかでかと書かれているくらいです。
ゆほびかGOLDの編集部も、かなりチカラを入れられたんじゃないのかなーっていうのが伝わってきますね。

 

そもそも神社の参拝には作法があるのか?

神社は、神様が鎮座されている空間ですから、やはりそこには作法・・・というか一般的なマナーがあります。

たとえば、オールアバウトでは、神社の正しい参拝方法とマナーを以下のように説明されています。

 

  1. 鳥居をくぐる前に衣服を整え、軽く会釈をしてから境内に入る
  2. 参道は中央を避けて進む
    なぜなら参道の中央は神様が通るところだから
  3. 手水舎で手水をとり、心身を清める
    なお手水舎は、ちょうずや・ちょうずしゃ・てみずや・てみずしゃなど様々な呼び方があります
  4. 軽く会釈→お賽銭を入れる→鈴を鳴らして「二拝・二拍手・一拝(二礼・二拍手・一礼)」の作法で拝礼
  5. 中央を避けて参道を歩き、中に向かって軽く会釈をして鳥居を出る

※ https://allabout.co.jp/gm/gc/220578/

ただ参拝術というよりは、最低限守るべき参拝マナーですね。

 

斎藤一人流の神社参拝術とは?

斎藤一人さんの参拝術が気になったら「ゆほびかGOLD(ゆほびかゴールド)vol.34」をこちらから買ってください!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『ゆほびかGOLD』vol.34
価格:972円(税込、送料無料) (2017/4/7時点)

 

と、いいたいところです(←いやもう言ってるがな)。

ですが、せっかくこちらのブログにご訪問いただいているので、以下の私のレビューでよろしければ参考にしてください。
それでやっぱり気になるなと思われたら、買ってください。

っていうか「買ってください」というからには、もちろんオススメする理由があるのです。

 

ゆほびかGOLDをお勧めする理由

このブログのこの記事に直接ご訪問されたかたは、斎藤一人さんの神社参拝術に興味があってこられた方が大半だと思います。

  • 願いを叶える参拝術があるなら、ぜひぜひ知りたい!
  • 神社参拝は堅苦しくて苦手なイメージがあるのだが、斎藤一人さんはどんな気持ちで参拝してるのか?
  • 自分はなにか参拝時に粗相をしてて、それで願い事が叶わないのではないか?

きっと、参拝に対する、いろんな疑問をもたれていることと思うのです。

特に「神社参拝に対してどこか堅苦しさを感じている」タイプ。
こういったお悩みをもたれている人にとっては、この特集は効果テキメンのはずです!

マナーはマナーで大切なのですが、参拝への考え方とはまた次元が違うのです。
斎藤一人さんの参拝に対する「スタンス」や「信念」のようなものが、この特集にはあふれています。

ですから「参拝マナー」のページをどれだけ探しても、まずみつけることはできないでしょう。
だって「スタンス」や「信念」は、その人独自のものですから。

つまり、この情報はオンリーワンという価値があります。
書籍を作られた方々全員に敬意を表して、ぜひお金を払って購入してほしいです。

 

斎藤一人さんの神社参拝術 レビュー

斎藤一人さんの神社参拝術の詳細は、出版社に敬意を表して、ここですべて書くわけにはいきませんので、私のレビューでご容赦ください。
買おうか買うまいか悩んでいらっしゃるかたに、判断のための情報を私なりにご提供させていただきます。

特集を読む前と読み終えた後では、明らかに見えてたもの・考え方が変わりました。

 

神社にもっと気軽に参拝しよう。
難しく考えすぎなんだ。

 

ふっと軽くなりました、心が。

 

特にそれを感じたのはQ&Aのコーナー。

お賽銭の金額とか、細かく難しく考えすぎだって。

 

 

ですが、こういう細かいこと悩むんですよね、やっぱり。
例外なく悩んでましたので、私自身も。

 

斎藤一人さんの神社参拝術  まとめ

斎藤一人さんの神社参拝術とは…

心が軽くなり、神社に行きたくなるものでした。

 

 

4月中に行きたい神社があるので、時間をとって行こうかな!
御朱印帳を持って。

これが、マイ御朱印帳です。
ダルマが可愛くてお気に入りなのです。

ちなみに、ピンクが神社用で、白が寺院用です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

御朱印なび管理人の彩華が、こちらの記事を投稿いたしました。

あわせてお読みください