こちらの「御朱印なび」で記事を書いております、彩華(あやか)です。
今日は、以下の記事で紹介しました「お寺への参拝時に便利なアイテム」をレビューします。

お寺への参拝時に!あると便利な「浄化アイテム」を買ってみました!(2017年6月1日)

そのアイテムとは「塗香」と「塗香入れ」。

 

こちらが、塗香入れです。


※http://item.rakuten.co.jp/gokurakudo/10000160/

 

塗香とは何ぞや?

については別の記事に書いておりますが、こちらの記事でも簡単に説明します。

塗香(ずこう)とは、仏像や修行者の身体に香を塗って、けがれを除くこと。また、その香。
数種の香木を混ぜて粉末にし、粉末のまま乾燥したものと、浄水と混ぜ練香としたものがある。一般には粉末にした、抹香状の薄茶色の香をさすことが多い。
線香や焼香と違い、香を燻らせて供えるものとは違い、自身体に塗る香である。身体を清める、邪気を寄せ付けないという意味で仏教で取り入れられたとされる。
※https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%97%E9%A6%99

 

では、お待たせいたしました。
彩華の購入しました、実物の商品をお見せします!

 

塗香入れが、高級感のある箱に入ってきました。

 

おもむろにフタをとりますと、中に塗香入れが・・・!

 

彩華は、素材は「黒檀」をチョイスしましたが、ほかにも桜と紫檀がありますよ。

サイズは「小」です。
塗香って大量に使うものでもありませんし、少量ずつ補充ほうが香りが逃げないイメージがあります。
横に切手を並べてみました。意外とコンパクトなのがおわかりいただけますでしょうか。

 

ネジ式のフタをあけると、このようになっています。
フタのサイズが、切手と同じくらいです。

 

専用の塗香入れを買いましたので、塗香はケースに入ったものを買う必要がなく、ジップ袋のお得なタイプにしました。

 

塗香入れのネジ式のフタの部分をあけて、そこから塗香を少しずつ入れていきます。
トントンとならしながら入れていくのですが、決して投入口が大きくないので、本当に少量ずつ気をつかいながら入れました。

そして入れ終わったら、フタをして作業完了です。

 

塗香を身体に塗る際は、サイドにある小さな栓を抜いて、指でトントンすると少量の塗香が出てきます。

ごく少量の塗香がでますが、個人的にはこれくらいの量でいいと思う量です。
大量に出るものは調整がききませんが、逆に少量の場合は加減がしやすいですね。

 

そうそう。

小さな栓が抜けやすいというレビューを、他の取扱店で拝見したので、私は小さな巾着袋を用意して入れるようにしました。
パワーストーンなどを入れて持ち歩くための小さな巾着袋ですが、これならポケットのような場所に入れても安心!

小さな栓は、奥まで刺さらないので、確かに抜けやすそうに見えますが、結構しっかりと刺さっています。
彩華も、長い時間持ち歩きましたが、外れていたという経験はありません。

 

 

次に、気になる塗香の香りについてです。

彩華的には良いと思う、好きな香りです。
強い香りではありませんので、ほのかに香ります。

シナモンのようなスパイシーな香り、という表現がいちばんピンとくるのでしょうか。

お店の説明欄には「香りのイメージ:漢方薬、お寺、仁丹、ハッカ風、ニッキ風」との記載がありますが、ニッキ風と言われると確かにそのイメージです。

 

今回の塗香は「極上塗香」という名前の商品で、その商品名が実はかなり気になっていました。
極上塗香の販売ページの説明欄には以下のような記載がありまして、これを読んで心を奪われたのも、数多くある塗香の中からこの「極上塗香」を選択した理由です(笑)。

 

心身を清めるお香。
当店の通常タイプの塗香に比べ香りはまろやかで、原料も貝香など5種類多く調合しています。

適量を手に塗りこみ使用します。
読経写経時以外にも、気を引き締めたい時、リラックスしたい時、気分転換や受験勉強時などにもお使いいただけます。

また原料は天然の漢薬香料だけを調合しているためお風呂に入れて身を清めたりと色々な場面でお使いいただける万能香です。

 

そして香りの持続時間ですが、おそらくあまり長くはありません。
合成した香料ではなく、天然の素材を使って作られているから、かもしれませんね。

たまに、ほのかに残る香りが鼻腔を刺激してきます。いやみのない香りです。

 

彩華自身がたくさんの他の塗香を経験してきたわけではないので、他の製品との比較はできませんが、自身の体験イメージとして書いてみました。
はじめて塗香を試してみたいと思われるかたには、多少なりとも役にたてれば嬉しいです。

 

彩華が実際に購入した商品のページを、念のため以下に記載しておきますね。

 

塗香入れは「仏壇 仏具 数珠 極楽堂」さん

塗香入れ/黒檀(小) 塗香入れ(塗香は付属していません。)

 

極上塗香は「香老舗 高野山大師堂」さん

【メール便対応!塗香 清め香 国産】極上品 15g 袋入 詰替え用【メール便対応商品サイズ30】【RCP】

 

お寺の参拝時だけではなく、日常生活でリフレッシュしたい時とか、すがすがしい気分で作業等にとりかかりたいと思った時に。
ほかにも、いったんリセットしたいと思った時に。

この塗香の香りに、心身ともに浄化されるイメージで、使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

今日は「彩華が実際に購入した、お寺への参拝時に便利な「塗香」と「塗香入れ」の商品レビュー」をさせていただきました。

ブログ「御朱印なび」管理人の彩華でした。

あわせてお読みください