彩華(あやか)です。
ブログ「御朱印なび」で、記事を書いております。

さて本日は、数ある開運日の中から「天赦日」について、説明をしてみようと思います。

 

天赦日とは?

天赦日は、暦の中でも暦注、さらには選日に所属します。

まず暦注とは「二十四節気などの暦日のほかに記載される、特別な暦の日」のことで、雑節や選日にわかれます。
そして選日とは、雑節に含まれない暦の日です。

選日の大半に適用される特徴に「吉凶の判断を行う」という点がありますが、天赦日も例外ではありません。

 

天赦日の読み方

天赦日と書いて「てんしゃにち」や「てんしゃび」と読みます。
これは人によって変わるようです。

 

天赦日の意味

ウィキペディアを参考にさせていただきました。
天赦日は「百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日」という意味があります。

天の神様がすべてを許してくださるなんて、いったいどれだけ恵まれた日なのだ!!
そんな意味あいがあり、最上の吉日とされているのがこの天赦日です。

 

 

天赦日は開運日なのか?

もう「天の神様がすべてを許してくださる」というニュアンスで、充分お察しいただけるかと思います。
しかも暦においては「特に良い」と定義されている日ですので。

ずばり天赦日は、最上の吉日です!

 

 

天赦日の特徴は?

天赦日は1年のうち、だいたい5~6回くらいしかありません。
その年その年での差はありますが、日数が一気に増えるといったことはありません。

日数の少なさゆえに、たいへんに貴重な最強の開運日とも言えますね。

 

 

天赦日のすごし方(どんなことをするのが良いか)?

天赦日がすべてを許してくれる日ということで、お祝い事全般はおすすめとされています。

  • 結婚や結納
  • 入籍
  • 出生届

 

そして、その延長から、新しいことへの挑戦も吉のようです。

  • 開業
  • 事業所の移転
  • 店舗のオープン
  • 新規の契約を締結
  • 事業への出資
  • 将来に向けての投資
  • 個人的な引越
  • お財布や金庫の新調(購入もしくは使い始め)

 

金銭だけではなく、自身への投資もありですね

  • 新しい習い事を始める
  • 資格を取得するためのアクションを起こす

 

 

天赦日が他の開運日等と重なったら?

最強の開運日ともいわれている天赦日ですから、他の開運日と重なるのは大いに歓迎ですね!
重なる開運日が金運に関わるものであれば、お金に関連したアクションを起こすなど意識してみてはいかがでしょうか。

ただし、どの開運日にとってもそうだと思いますが、注意すべきは要注意日と重なる場合ですね。
要注意日の主なものといえば「不成就日」と「仏滅」の2つです。

 

2017年 天赦日と他の暦日が重なる日

2017年にも、天赦日と他の暦日などが重なる場合がもちろんあります。

 

≪2017年7月6日(木)≫
天赦日+一粒万倍日+大安+不成就日

天赦日に一粒万倍日、しかも大安なんて恐ろしく開運しまくりそうな日なのですが、残念なことにこの日は「不成就日」が重なっているのです。
あぁぁ、勿体無い気持ちです(涙)

 

≪2017年9月18日(月)≫
天赦日+一粒万倍日+仏滅

天赦日に一粒万倍日って、これも開運しまくりそうな組み合わせですが、残念なことに「仏滅」が重なっているのです。
ですから、慶びごとに最適と言われる天赦日であっても、結婚とかには向いてなさそうです。

 

 

2017年の天赦日は?

2017年は、合計6回の天赦日がめぐってきます。

  • 2月20日(月)
  • 4月21日(金)
  • 5月7日(日)
  • 7月6日(木)
  • 9月18日(月)
  • 12月3日(日)

 

 

開運日カレンダーもご活用ください

天赦日の情報を盛り込んだ「開運日カレンダー」も、無料でご利用いただけます。
ぜひこちらから、ご活用くださいね♪

2017年の開運日カレンダー

 

 

ブログ「御朱印なび」管理人の彩華でした。

あわせてお読みください